グローブ ゼット(ZETT)

ZETT(ゼット)のグローブの特徴やサイズと評判【各グレード(ランク)も詳しく紹介】

ゼット グローブ 評判
・「ゼット(ZETT)のグローブ」の評判や特徴を知りたい。
・「利用者」や「経験者」の感想を聞いて、自分に合っているのかを知りたい。

このようなお悩みを解決します。

ゼット(ZETT)は、多くのプロ野球選手も愛用している人気かつ有名な野球メーカー。

僕の周りでもZETT(ゼット)のグローブを使っている人は多く、ミズノに次いで2番目に人気です。

そんなゼットのグローブは、種類も豊富なので自分に合うものを見つけやすくなっています。

ですが選択肢が多い分、初めてゼットを使う方はどれを選べばいいのか迷ってしまうでしょう。

そこで今回は「ゼットのグローブのサイズやグレード(ランク)などの特徴」と共に、「ゼットのグローブの評判」を紹介していきます。

本記事を読むと、ゼットのグローブのグレードやサイズなどの特徴が理解できるので、購入を検討している方は参考にしてみてください。

本記事の内容

  • ゼットのグローブの特徴
  • ゼットのグローブのグレード(ランク)
  • ゼットのグローブのサイズ
  • ゼットのグローブの評判
  • どんな人に向いているのか?

この記事を書いた人

小学4年~大学4年までの13年間、本気で野球に打ち込んできた元野球少年。これから野球を始める方が、「最高のパートナー(野球道具)」に出会えるように、どこよりも詳してくリアルな野球道具に関する情報を発信していきます。

ZETT(ゼット)のグローブの特徴

ゼットのグローブの特徴は以下のとおり。

  • 種類や価格帯が豊富 
  • 最新技術のグローブ
  • 愛用しているプロ野球選手が多い
  • 選ぶのが大変

グローブの種類が多い

ゼットには、とにかく色んな種類や価格帯のグローブがあります。

「これから野球を始める初心者」から「プロを目指してプレーをしている上級者」まで自分に合うグローブが見つけやすいです。

そんなゼットのグローブは常に「最高品質×最新スタイル」を追及しています。

例えば、

(旧)スピード重視の「浅めのポケット」のグローブ(当て捕り)

↓ ↓ ↓

(新)確実な捕球の「やや深めのポケット」のグローブ(挟み捕り)

上記のようにスタイルチェンジしまています。

グラブの進化の背景には、技術とバット性能の向上によって年々打球が強くなってきていることがあがります。

このように時代や環境に合わせて最新の技術をすぐに製品に反映するのがゼットの魅力です。

ZETTを愛用しているプロ野球選手が多い

また、ゼットのグローブは多くのプロ野球選手から使用されています。

このことのメリットは、トップ選手のフィードバックがグローブに活かされていること

また、ゼットを愛用しているプロ選手モデルのグローブも提供されていることも大きなメリットです。

憧れのプロ野球選手と同じグローブを使いたい方は、ゼットは選択肢が多いので嬉しいですね。

>>ZETT(ゼット)を使用している選手一覧はこちら

ゼットの唯一のデメリットをあげると、グローブの種類が多いため選ぶのが大変ということ。

そこで本ブログでは、ゼットのおすすめグローブを「少年・軟式・硬式」の3つに分けてまとめました!

ゼットのグローブが気になる方は合わせて参考にしてみてくださいね。

ZETT(ゼット)のグローブのサイズは?

ゼットのグローブ サイズ

ゼットのグローブのサイズは、「ジュニア(少年野球用」)と「一般(中学生以上)」の2種類あります。

グローブを選ぶ際にサイズ感はかなり重要なので、購入を検討している方はしっかり確認しておきましょう。

ゼットのジュニア用グローブのサイズ

まずはジュニア(少年野球)のサイズから紹介していきます。

表示サイズサイズSSサイズSサイズMサイズLサイズLL
身長目安~120cm120-135cm130-145cm140-155cm155~cm

ゼットの一般用グローブのサイズ

次に一般(中学~社会人)のサイズです。

ゼットのグローブの表示サイズは「何cm」なのかは公開されていません。

ただ以下のように各守備位置(ポジション)によって、対応している表示サイズは決まっています。

守備位置サイズ
投手4~7
二塁手1~4
三塁手2~4
遊撃手2~4
外野手8~9
オールラウンド3~5

ZETT(ゼット)のサイズまとめ

  • サイズ1:二塁手
  • サイズ2,3,4:二塁手、三塁手、遊撃手
  • サイズ4,5,6,7:投手用
  • サイズ8,9:外野手
  • サイズ3,4,5:オールラウンド

注意

上記のサイズ表ははあくまで目安です。必ず実店舗でグローブのサイズ感を確かめてから購入するようにしましょう。

ZETT(ゼット)のグローブのグレードは7種類

ゼットグローブのグレード(ランク)は以下の7つ。

グレード(ランク)価格(相場)硬式用軟式用少年用サイズ
➀プロステイタス28,000円~55,000円×1~9
➁ネオステイタス20,000円~50,000円2~8,S~L
➂ウイニングロード15,000円~17,000円××4~8
➃デュアルキャッチ13,000円~15,000円××3~6
➄ソフトステア10,000円~13,000円×(軟式用のみ)3~6,SS~L
➅ゼロワンステージ15,000円××あり(軟式用のみ)S~L
➆グランドヒーロー9,000円××(軟式用のみ)SS~L

それぞれ簡単に紹介していきます。

➀プロステイタス

プロステイタスは、ゼットグローブの最上級グレード

しなやかさと耐久性を併せ持つプロステイタスレザーを使用しています。

こちらのグレードは、プロ野球選手の声を反映させた最新スタイルのグローブが多いのが特徴

値段は高めですが、フィット感や耐久性、ゼット独自の技術が備わったグローブを好む「中-上級者向けのモデル」となっています。

「プロステイタス」では、少年野球用グラブの取り扱いはありません。

➁ネオステイタス

ネオステイタスは、ゼットの2番目にグレードが高いシリーズです。

上質な革を使用していて、操作性の高く捕球がしやすい構造となっています。

そんなネオステイタスには、以下の4種類が用意されています。

  1. 一般軟式用
  2. 一般硬式用
  3. 少年軟式用
  4. 少年硬式用

ゼットの全7種類のグレードのうち、少年硬式用を取り扱っているのはネオステイタスのみです。

少年野硬式用グローブのサイズはリトルリーグの対象年齢(9歳~)に合わせた、MとLのみです。

一方、少年軟式用はS~Lまであります。

少年用のグローブも一般用(大人向け)と変わらない品質と性能を兼ね備えているので、より本格的なグローブを求めるお子さんにおすすめです。

高性能かつリーズナブルな価格を求める社会人にもイチオシです。

➂ウイニングロード

次に紹介するウイニングロードは、以下の3種類の一般軟式用グローブのみ提供しています。

  1. ファーストミット
  2. キャッチャーミット
  3. オールラウンド用グローブ

捕球のしやすさを追及した本格仕様のグローブでありながら、価格は15,000円ほどと安めの料金設定。

これから中学軟式や草野球を始めようという方には、コスパが高いウイニングロードのグローブがおすすめです。

➃デュアルキャッチ/➄ソフトステア

デュアルキャッチとソフトステアは、どちらも軟式用で最初から柔らかいのが特徴。

野球初心者の方でも、グローブの開閉がしやすく扱いやすくなっています。

「とりあえず安くて扱いやすいグローブが欲しい!」という方におすすめです。

➅ゼロワンステージ

ゼロワンステージは少年軟式用の本格シリーズ。

こちらのシリーズの特徴は以下のように少年軟式用の各ポジションに対応したグローブを用意していること。

  • 投手用
  • 内野手用
  • 外野手用
  • キャッチャー用
  • ファースト用

主に小学校高学年でポジションが固定しているお子さん向けのグレードです。

各ポジションに適したグローブが欲しいお子さんには「ゼロワンステージ」がイチオシです。

➆グランドヒーロー

最後に紹介するのが、少年軟式用用のグランドヒーロー。

こちらが子供向け最安グローブとなっています。

価格は低いですが、品質は試合で使っても問題ないクオリティです。

サイズはSS~Lまでと幅広いですし、子供の初めてのグローブとしてイチオシです。

ZETT(ゼット)のグローブの評判は?

それでは、ゼットのグローブの口コミ・評判を紹介します。

Twitterから利用者の声を集めてみました。

ゼットのグローブのイマイチな口コミ・評判

ゼットのグローブのイマイチな口コミ・評判は上記のとおり。

  • 深めの型が気になる

ゼットのグローブに関するイマイチな評判を探しましたが、上記の「深めの型が気になる」というものしかありませんでした。

ゼットのグローブは、従来の浅めの型ではなく深めの型を導入しています。

そのため、ゼットのグローブがしっくりこない可能性があります。

とは言え、浅めの型は上級者向けです。これから野球を始める方には、深めの型の方がむしろ捕球しやすいので心配はいらないでしょう。

※玄人向けに、浅めの型(当て捕り向き)のグローブをまとめた記事もあります。

参考>>【内野手必見!】当て捕りにオススメなグローブメーカー5選!

ZETT(ゼット)のグローブの良い口コミ・評判

ゼットのグローブの良い口コミ・評判は上記のとおり。

  • 革質や型が良い
  • 耐久性が高い
  • プロのキャッチャーも愛用している

革質や型、耐久性がいいという評判が見当たりました。

また、ゼットのグローブは多くの名捕手が愛用してきたメーカーです。

写真の「古田敦也」や現阪神監督の「矢野燿大」、現役なら巨人「小林誠司」、西部「森友哉」などがあがります。

ポジションがキャッチャーの方は、ゼットのキャッチャーミットも検討してみるといいですよ。

参考>>ゼットのキャッチャーミットの特徴や口コミ・評判は?【名捕手から愛用される高品質ミット】

ZETT(ゼット)のグローブはこんな人におすすめ

ゼットのグローブの利用をおすすめできる人の特徴は以下のとおり。

  1. 最新のスタイルのグローブを使いたい
  2. 様々な種類や価格帯から選びたい
  3. 少年硬式用グローブを探している
  4. 好きなプロ野球選手をモデルとしたのがいい

上記に当てはまる方に、ゼットのグローブをおすすめします。

ただし、内野手の方で深めの型を好まない方は、他のメーカーがおすすめです。

ZETT(ゼット)のグローブの特徴やサイズ、評判まとめ

ゼットのグローブの特徴は以下のとおりでした。

  • 種類や価格帯が豊富 
  • 最新技術のグローブ
  • 愛用しているプロ野球選手が多い
  • 選ぶのが大変

また、気になるゼットのグローブのサイズは以下のとおりです。

ZETT(ゼット)のサイズまとめ

  • サイズ1:二塁手
  • サイズ2,3,4:二塁手、三塁手、遊撃手
  • サイズ4,5,6,7:投手用
  • サイズ8,9:外野手
  • サイズ3,4,5:オールラウンド

ゼットのグローブは多くのプロ野球選手の声を反映した最新のスタイルにこだわっています。

ゼット独自の「挟み捕り」ができるように設計されたグローブは、初心者の方でも扱いやすく捕球がしやすいです。

ゼットのグローブは、種類や価格帯も豊富なので、自分にピッタリなグローブが見つかるでしょう。

本記事を読んで「ゼットのグローブいいな~」と思った方は、ぜひ店頭などで試してみてくださいね。

人気おすすめグローブメーカー15社の特徴を比較できる記事もあります。

ゼットの他に、どんなグローブメーカーがあるのか気になる方は、ぜひ読んでみてください!

あわせて読みたい

グローブ メーカー 人気 おすすめ
【特徴を比較】野球グローブのおすすめ人気メーカー15選【ポジション別ランキングも紹介】

続きを見る


>>【特徴を比較】野球グローブのおすすめ人気メーカー15選【ポジション別ランキングも紹介】

-グローブ, ゼット(ZETT)

© 野球道具.com