バット 少年用バット 硬式用バット 軟式用バット

ミズノのJコングの特徴や評価は?前モデルVコングとの違いも解説

ミズノJコングの使用を考えているけど、「どんな特徴なのか」や「利用者の評判」を知りたいな。

このようなお悩みを解決します。

ミズノJコングは、大人気シリーズの「Vコング」のニューモデルです。

機能性や耐久性などあらゆる面でパワーアップしたモデルとなっています。

そんなJコングですが、前モデルの「Vコング」と比べて何が変わったのか気になりますよね。

そこで本記事では、

  • ミズノJコングの特徴
  • ミズノJコングの口コミでの評価
  • ミズノJコングがおすすめな人

上記について詳しく紹介していきます。

この記事を読むことで、Jコングの特徴や評価が分かり、自分に合うのかを知ることができます。

ミズノJコングの特徴

ミズノJコングの特徴は以下の2つです。

  1. 反発力が高い
  2. 振り抜きやすい
  3. 少年・軟式・硬式用がある

それぞれ紹介していきます。

反発力が高い

ミズノJコングは前モデルに比べて反発力が3%上昇しています。

たった3%だけと思われるかもしれませんが、Vコングでは100mだった飛距離が103mになる訳です。

これまで外野手に普通に捕られていた打球が頭を越す打球に変わるのです。

そう考えると3%の上昇はかなり大きい差だということが分かりますね。

振り抜きやすい

JコングとVコングはどちらもミドルバランスのバットです。

が、同じミドルバランスでもやや重心位置が違ってきます。

Vコング:バットの中心よりもやや先端より
Jコング:バットのど真ん中に重心がある

バットの重心が手前(グリップ側)に近いほど、重さを感じず振ることができます。

(※詳しくはこちらの「【軟式・硬式・少年】バットの正しい選び方を野球歴13年が徹底解説」を参考にしてみてください。)

そのため、Jコングは前モデルよりも軽く感じやすいことから、きっちり振ることができるのです。

Vコングは振りにくいと感じたという方は、Jコングを試してみるといいでしょう。

少年・軟式・硬式用がある

ミズノのミズノJコングには以下のように少年用、軟式用、硬式用の全てで提供されています。

対応球長さ重さ
一般硬式83~84㎝900g
一般軟式83㎝730g
少年軟式80㎝580g
少年軟式78㎝560g
中学硬式83㎝800g
中学硬式84㎝810g

前モデルのVコングと違うのは以下の3つです。

  • 少年硬式用がなくなった
  • バットの長さが限定された
  • バットが軽くなった

Vコングシリーズでは一般硬式用なら80~84㎝まで選べましたが、Jコングは83.84㎝のみです。

一般軟式用も83㎝しか選べなくなりました。

なのでJコングは、普段使っている長さのバットがない可能性が高まりますね。

もう1つの違いとしては、10g~50gほどVコングよりも軽くなったこと。

Vコングは重ための印象が強いバットでしたが、Jコングなら誰でも振りやすいバットになったと言えるでしょう。

ミズノJコングの口コミ・評価

それでは、ミズノJコングの口コミ・評価を紹介します。

Twitterから利用者の声を集めてみました。

ミズノJコングのイマイチな口コミ・評価

ミズノJコングのイマイチな口コミ・評価は上記のとおり。

  • 種類が多い
  • 重たい

こちらのイマイチな口コミがありました。

VコングとJコングの違いが分からないという方も多そうですね。

本記事で紹介したように性能面で違いはありますが、大事なのは振りやすいかどうかです。

なので、実際に店舗で試し打ちをしたり、友達に借りて振ってみるということが重要になります。

また、Jコングは重たいという意見がありました。

前モデルのVコングよりも軽くなっていますが、必ずしも軽ければ振りやすいということに直結しません。

やはり試し打ちをしてみて自分に合うかを確認する必要がありますね。

ミズノJコングの良い口コミ・評価

ミズノJコングの良い口コミ・評価は上記のとおり。

  • 硬式用のおすすめバット
  • Vコングよりも飛ぶ
  • 振りやすい

ミズノJコングは、振りやすくてよく飛ぶという評価が見受けられました。

前モデルのVコングよりも反発力が高く、振りやすい工夫がされたJコングはかなりオススメのバットです。

特に、金属バットをメインに使用する高校野球のプレーヤーにイチオシとなっています。

ミズノJコングはこんな人におすすめ

こんな人におすすめ!

  • もっと飛距離を伸ばしたい人
  • ミドルバランスを好む人
  • 重めのバットを振り切れる人
  • 硬式野球をしている方

上記に当てはまる方にミズノのミズノJコングをオススメします。

↓一般硬式用↓

↓一般軟式用↓

↓中学硬式用↓

↓少年軟式用↓

ただし、軟式用バットに関しては、ウレタン素材やカーボン素材の人気バットも豊富です。

もっと強い打球を飛ばしたいという方は試してみるといいでしょう。

>>おすすめ軟式用バットの一覧を見てみる

ミズノのミズノJコングの特徴や評価まとめ

ミズノJコングの特徴は以下のとおりでした。

  1. 反発力が高い
  2. 振り抜きやすい
  3. 少年・軟式・硬式用がある

ミズノJコングは、前モデル「Vコング」の改良モデルです。

反発力が高く、重ためですが振りやすい工夫がされているバットです。

もっとボールを飛ばしたいという方は、ぜひ試してみてくださいね。

↓一般硬式用↓

↓一般軟式用↓

↓中学硬式用↓

↓少年軟式用↓

おすすめの軟式用バットをまとめた記事もあります。他にどんなバットがあるのか気になる方はぜひ参考にしてください。

Amazonでの購入を検討している方へ!

Amazonには月額500円で様々なサービスを利用できる「Amazonプライム」があります。

Amazonプライムには、ご存知の「プライムビデオ」や「配送料・お急ぎ便の無料」以外にもお得なサービスがあります。

野球道具を買うにあたり絶対に活用したいサービスの情報」や「裏技」も紹介しているので参考にしてみてください!

まだ登録をしたことがない方は30日間の無料体験を利用できますよ!

あわせて読みたい

Amazonプライム メリット
【無料体験あり】Amazonプライムのメリット5選+10【裏技も大公開】

続きを見る


>>【無料体験あり】Amazonプライムのメリット5選+10【裏技も大公開】

この記事を読んだあなたにイチオシ!

あわせて読みたい

no image
シークエンスバットの効果や使い方・評判まとめ【プロも大注目のバット】

続きを見る

2022年プロの選手も大注目の「シークエンスバット」。

こちらのバットを利用して練習することで、

  • 苦手なインコースを克服できる
  • 手首がこねるのを修正できる
  • 打球が上がりやすくなる

上記の効果を得られます。

「大谷翔平選手」をはじめ世界のトップバッターは、ややアッパー気味のスイング「パームアップ」を身に付けています。

シークエンスバットを使って、最もミート率が高く遠くに飛ばせる「パームアップスイング」を身に付けてみませんか?

>>シークエンスバットの効果や使い方・評判まとめ【プロも大注目のバット】

-バット, 少年用バット, 硬式用バット, 軟式用バット

© 野球道具.com