SSK バット 少年用バット 軟式用バット

SSKのMM18 の特徴や口コミ・評判は?【一般用と少年用どちらも徹底紹介】

SSKのバット MM18 特徴や評判まとめ
SSKのMM18の使用を考えているけど、「どんな特徴なのか」や「利用者の評判」を知りたいな。

このようなお悩みを解決します。

MM18は、SSKが提供しているウレタン素材のバット。

バットに力を入れるSSKが「飛び」にこだわり抜いたのが、このMM18です。

そんなSSKのMM18ですが、いくつか種類がありますし自分に合うのかが気になりますよね?

そこで本記事では、

  • SSKのMM18の特徴
  • SSKのMM18の口コミでの評判
  • SSKのMM18がおすすめな人

上記について詳しく紹介していきます。

この記事を読むことで、SSKのMM18の特徴や評判が分かり、自分に合うのかを知ることができます。

SSKのMM18の特徴

SSKのMM18の特徴は以下の2つです。

  1. ウレタン部分が厚い
  2. バットが重すぎない
  3. 長さ・重さの種類が多い

それぞれ紹介していきます。

ウレタン部分が厚い

SSKのMM18は、ウレタン素材がこれまでのバットの中で1番厚くなっています。

従来のウレタン素材は14~16mmでしたがMM18は、18㎜です。

ウレタン素材が厚いことで、ボールが潰れにくくバットにボールが乗る効果があります。

これにより飛距離UPが期待できるのです。

また、ウレタン部分が厚いほど反発力が上昇するということも確認されています。

つまり、これまでのバットよりもよく飛ぶバットだと言えますね。

バットが重すぎない

ウレタン部分が厚くなることで、バットが重たくなることが心配されます。

が、SSKのMM18は他の素材を調整することで、重くなることを抑えています。

人気のウレタンバットであるミズノビヨンドシリーズと比べても、重量は同じかむしろ少し軽いくらいです。

やはり、バットが重いとスイングスピードの低下やコントールがしにくいというデメリットが生まれます。

その点、従来のウレタン素材のバットと同じくらいの重量感で扱えるのは嬉しいポイントですね。

長さ・重さの種類が多い

SSKのMM18は一般軟式用と少年軟式用で提供されています。

それぞれでいくつかの種類のバットがあるので紹介していきます。

一般軟式用

バランス長さ重さ
トップバランス83㎝700g
トップバランス84㎝720g
トップバランス85.5㎝750g
ミドルバランス83㎝700g
ミドルバランス84㎝710g

次に少年軟式用です。

バランス長さ重さ
トップバランス78㎝570g
トップバランス80㎝580g
ミドルバランス74㎝500g
ミドルバランス76㎝510g
ミドルバランス78㎝520g
ミドルバランス80㎝530g

一般軟式用ではトップバランス3種類とミドルバランスが2種類のの計5種類あります。

バランス・長さ・重さがそれぞれ違うバットがあるので、しっくりくるモデルを選ぶことができるのは嬉しいポイントですね!

また、少年軟式用ではトップバランス2種類のみとなっています。

なので普段、少年用のミドルバランスを使っているプレーヤーには合わない可能性がありますね。

一般的にトップバランスは、バットの重心が先端にあるので、遠心力を利用して打つ長距離打者に合いやすい。

一方のミドルバランスは、バットの重心が中心にあり、バット操作がしやすくある程度が距離が出るので中距離打者に合いやすい。

ただし人によっては長距離打者タイプじゃなくてもトップバランスが適していることもあるので、上記はあくまで一基準として捉えてください

こちらの記事「【軟式・硬式・少年】バットの正しい選び方を野球歴13年が徹底解説」では、バットの正しい選び方を詳しく解説しているのであわせて読んでみてください!

SSKのMM18の口コミ・評判

それでは、SSKのMM18の口コミ・評判を紹介します。

Twitterから利用者の声を集めてみました。

SSKのMM18のイマイチな口コミ・評判

SSKのMM18のイマイチな口コミ・評判は上記のとおり。

  • 店頭で売っていないことが多い

こちらのイマイチな口コミがありました。

SSKのMM18は、人気なためお店によっては在庫切れになっているケースが多いようです。

やはりバットは購入前に実際に手に取って感触を確かめたいですよね。

在庫切れのお店に言って無駄足を踏むよりも、先に電話などで確認してから行く方がいいでしょう。

SSKのMM18の良い口コミ・評判

SSKのMM18の良い口コミ・評判は上記のとおり。

  • 振りやすい
  • よく飛ぶ
  • ビヨンドよりもいい

SSKのMM18は、ビヨンドより振りやすくて良いという意見がありました。

MM18もビヨンドシリーズもウレタン素材の「飛び」を追求したバットです。

どちらも試し打ちができる店舗で感触を確かめてしっくりくる方を選ぶといいでしょう。

SSKのMM18はこんな人におすすめ

こんな人におすすめ!

  • もっと飛距離を伸ばしたい
  • ウレタンのバットでも振りやすいのがいい
  • バットバランスを自由に選びたい

上記に当てはまる方にローリングスのSSKのMM18をオススメします。

↓一般軟式用トップバランス↓

↓一般軟式用ミドルバランス↓

↓少年軟式用トップバランス↓

ローリングスのSSKのMM18の特徴や評判まとめ

SSKのMM18の特徴は以下のとおりでした。

  1. ウレタン部分が厚い
  2. バットが重すぎない
  3. 長さ・重さの種類が多い

SSKのMM18は、反発力が高いウレタン部分が最も厚いバット。

しかも、バットは重すぎず振りやすいのが特徴です。

振りやすくてボールを遠くに飛ばせるバットを求めている方は、ぜひ試してみてくださいね!

↓一般軟式用トップバランス↓

↓一般軟式用ミドルバランス↓

↓少年軟式用トップバランス↓

おすすめの軟式用バットをまとめた記事もあります。他にどんなバットがあるのか気になる方はぜひ参考にしてください。

Amazonでの購入を検討している方へ!

Amazonには月額500円で様々なサービスを利用できる「Amazonプライム」があります。

Amazonプライムには、ご存知の「プライムビデオ」や「配送料・お急ぎ便の無料」以外にもお得なサービスがあります。

野球道具を買うにあたり絶対に活用したいサービスの情報」や「裏技」も紹介しているので参考にしてみてください!

まだ登録をしたことがない方は30日間の無料体験を利用できますよ!

あわせて読みたい

Amazonプライム メリット
【無料体験あり】Amazonプライムのメリット5選+10【裏技も大公開】

続きを見る


>>【無料体験あり】Amazonプライムのメリット5選+10【裏技も大公開】

この記事を読んだあなたにイチオシ!

あわせて読みたい

no image
シークエンスバットの効果や使い方・評判まとめ【プロも大注目のバット】

続きを見る

2022年プロの選手も大注目の「シークエンスバット」。

こちらのバットを利用して練習することで、

  • 苦手なインコースを克服できる
  • 手首がこねるのを修正できる
  • 打球が上がりやすくなる

上記の効果を得られます。

「大谷翔平選手」をはじめ世界のトップバッターは、ややアッパー気味のスイング「パームアップ」を身に付けています。

シークエンスバットを使って、最もミート率が高く遠くに飛ばせる「パームアップスイング」を身に付けてみませんか?

>>シークエンスバットの効果や使い方・評判まとめ【プロも大注目のバット】

-SSK, バット, 少年用バット, 軟式用バット

© 野球道具.com