グローブ ジームス(Zeems)

【高評価】ジームス(Zeems)のグローブの特徴とサイズ・評判を解説

ジームス グローブ 評判
・「ジームスのグローブ」の評判や特徴を知りたい。
・「利用者」や「経験者」の感想を聞いて、自分に合っているのかを知りたい。

このようなお悩みを解決します。

店頭で見かけることが多い「ジームス(Zeems)のグローブ」。

最近は高校野球で使用している選手も増えてきていますが、どんな特徴があるのか知らない方も多いかと思います。

そこで今回は「ジームスのグローブの特徴や評判」を紹介していきます。

ジームスのグローブが気になる方は、ぜひ本記事を参考にしてみてください。

本記事の内容

  • ジームスのグローブの特徴
  • ジームスのグローブのシリーズ
  • ジームスのグローブのサイズ
  • ジームスのグローブの評判
  • ジームスはどんな人に向いているのか?

この記事を書いた人

小学4年~大学4年までの13年間、本気で野球に打ち込んできた元野球少年。これから野球を始める方が、「最高のパートナー(野球道具)」に出会えるように、どこよりも詳してくリアルな野球道具に関する情報を発信していきます。

ジームス(Zeems)のグローブの特徴について

ジームスのグローブの特徴は以下のとおり。

  • 日本製
  • 独自の技術が詰まっている
  • 種類が少ない 
  • 価格が高め

ジームスのグローブは全て野球経験者の職人によって作られる日本製のみです。

既製品でもオーダーメイドのような仕上がりで、品質は他メーカーと比べて高くなっています。

また、グローブに対するこだわりが強く以下の独自の技術を採用したシリーズがあります。

  • YHシリーズ
  • 三方親シリーズ

※このあとの「ジームスグローブのシリーズについて」で詳しく紹介します。

その他にも、従来の革が固いグローブの方が耐久性があるという考えではなく、「湯もみ付け」による最初から柔らかく扱いやすいグラブにこだわりがあります。

デメリット面を上げるとすれば、こだわりのある高品質グローブしかなく、入門用のグローブがないこと。
そのため、基本的にはある程度野球歴がある方向けで、価格の低いグローブは提供していません。

これから野球を始める方は違うメーカーの方が選択肢が多いでしょう。

ジームス(Zeems)のグローブのサイズについて

ジームスのグローブのサイズ表記は、以下の3種類です。

シンプルで分かりやすい表記ですね。

グローブを選ぶ際にサイズ感はかなり重要なので、購入を検討している方はしっかり確認しておきましょう。

まずはジュニア(少年野球)のサイズから紹介していきます。

表示サイズサイズ小サイズ中
センチ(cm)25.5cm26.0cm
少年用のサイズは「小(小学校中学年)」と「中(小学校高学年)」のみとなっています。

次に一般(中学~社会人)のサイズです。

ポジションサイズ小サイズ中サイズ大
内野用27.5cm28.0cm28.5cm
外野用-30.5cm31.5cm
投手用は「横型(29.0cm)」と「縦型(29.5㎝)」で統一されています。

注意

上記のサイズ表ははあくまで目安です。必ず実店舗でグローブのサイズ感を確かめてから購入するようにしましょう。

ジームスのグローブの種類(シリーズ)について

ジームスグローブの種類(シリーズ)は以下の2つ。

シリーズ価格(相場)硬式用軟式用少年用
➀三方親29,000円(少年軟式用)
39,000円(硬式用)
28,000円(軟式用)
48,000円(硬式用)
➁YHシリーズ27,000円(軟式用)
47,000円(硬式用)
×

それぞれ簡単に紹介していきます。

➀三方親シリーズ

三方親シリーズは、打球をしっかり掴むことを追求したグラブ。

特徴的なのが、親指の付け根部分に折り目が付いていること。
それにより、動きにくかった親指部分を自在に操ることができます。

近年はバット性能や打撃技術の向上により打球スピードが速くなっています。

しっかり打球を掴めるこちらのシリーズは、野球をプレーする全ての方におすすめのグローブです。

➁YHシリーズ

YHシリーズは内野手用グローブに特化したシリーズです。

浅めの型で素早い握り替えを重視する「当て捕り」がしやすいグローブです。

当て捕り やり方
当て捕りとは?そのやり方と掴み捕りとの違いを解説!【野球歴13年が解説】

また、「素手感覚」にこだわっていて、従来のグローブよりも奥まで手を入れられる設計となっています。

奥まで手を入れることにより、指先までの距離が縮まって軽く感じることができ、操作性も上がります。
ポケットで捕球するのではなく、素手で捕るイメージに変わるので浅めの型でもガッチリ掴むことができるのです。

その他のこだわりとして26㎝~27.5㎝まで5㎜刻みのグローブがあるため、自分にピッタリなサイズのものが見つかりやすくなっています。

ただし、こちらのグローブを扱うには当て捕りができるだけの技術が必要になります。初心者にはおすすめしません。

そのほか、素早い握り替えがあまり必要ないサードを守る方にもおすすめしません。

ジームス(ジームス)のグローブの評判は?

それでは、ジームスのグローブの口コミ・評判を紹介します。

Twitterから利用者の声を集めてみました。

ジームスのグローブのイマイチな口コミ・評判

ジームスのグローブのイマイチな口コミ・評判は上記のとおり。

  • 価格は高い

ジームスのグローブは高めという意見がいくつか見受けられました。
ただ、革質の良さや機能性の高さを評価する声が多く、コストパフォーマンスは高いという意見が多かったです。

少し価格が高くても品質の高いものが使いたいという方にイチオシですね。

ジームス(ジームス)のグローブの良い口コミ・評判

ジームスのグローブの良い口コミ・評判は上記のとおり。

  • 型がいい
  • 湯もみ加工済みだからフィットしやすい
  • YHは握り替えがしやすい
  • 革質が良い

これらの良い評判がありました。

型や革質に対する良い評判の他に、グローブの機能性についても評判が高かったです。

特に内野手用のYHシリーズは「手をはめた感覚が他のメーカーとは全然違う!」と高評価でした。

内野を守る方は一度ジームスのYHシリーズを試してみてはいかがでしょうか?

ジームス(ジームス)のグローブはこんな人におすすめ

ジームスのグローブの利用をおすすめできる人の特徴は以下のとおり。

  1. 日本製の質の高いグローブを使いたい
  2. ジームス独自の技術を体験したい
  3. 内野を守ることが多い
  4. 購入してすぐに使えるグローブがいい

上記に当てはまる方に、ジームスのグローブをおすすめします。

ジームスのおすすめグローブを「軟式用」「硬式用」に分けて紹介しています。ジームスのグラブが気になる方は上記を参考にしてみてください!

ジームス(ジームス)のグローブの特徴やサイズ、評判まとめ

ジームスのグローブの特徴は以下のとおりでした。

  • 日本製
  • 独自の技術が詰まっている
  • 種類が少ない 
  • 価格が高め

ジームスはこだわりが詰まったグローブメーカー。

特にYHシリーズは内野を守る方から高評価を得ているグローブです。

内野を守る方は一度試してみることをおすすめします。

また、湯もみ加工済みのグローブなので、型もしっかり付いているし初めから柔らかいです。

購入してすぐに使い始めることもできるので、新しいグローブが欲しい方はぜひ検討してみてください。

Zeems(ジームス)の他にも多くのグローブメーカーがある!

人気おすすめグローブメーカー15社の特徴を比較できる記事もあります。

ジームスの他に、どんなグローブメーカーがあるのか気になる方は、ぜひ読んでみてください!

あわせて読みたい

グローブ メーカー 人気 おすすめ
【特徴を比較】野球グローブのおすすめ人気メーカー15選【ポジション別ランキングも紹介】

続きを見る


>>【特徴を比較】野球グローブのおすすめ人気メーカー15選【ポジション別ランキングも紹介】

-グローブ, ジームス(Zeems)

© 野球道具.com