野球ギア(アクセサリー)

【小・中学生向け】野球用プロテインおすすめ3選【選び方や効果についても紹介】

小・中学生向け 野球用おすすめプロテイン3選
・小・中学生にオススメなプロテインってある?

・プロテインは小・中学生が飲んでも大丈夫なの?

・プロテインの種類による違いや正しい選び方を知りたい。

このようなお悩みを解決します。

本記事では、小・中学校の野球プレーヤー向けに「おすすめなプロテイン3選」を紹介します。

また「プロテインを飲むと筋肉が付き、身長が伸びない!」という噂を聞いたことがあるという方もいます。

ですが上記の噂は、「全くのウソ」です。

詳しくは本記事で解説しているので、子供がプロテインを飲んでも大丈夫か気になる方は参考にしてください。

本記事の内容

  • 子供がプロテインを飲むメリット
  • 失敗しない小・中学生用プロテインの選び方
  • 小・中学生におすすめな野球用プロテイン3選

この記事を書いた人

筋トレが大好きな野球人。
本記事では「なぜ野球をする人にプロテインが必要なのか?」の解説に加え、
野球歴13年+プロテインは1日3杯の僕が厳選したオススメを紹介します。

子供がプロテインを飲むメリット

皆さんはプロテインに対してどのようなイメージを持っていますか?

恐らく大半の方は、ボディビルダーのようなマッチョな人をイメージして、飲むだけで筋肉が付くと思っているでしょう。

マッチョ

ですが、実際は飲むだけで筋肉が付くことはないですし、最近はアスリート以外の人も積極的に取り入れています。

あくまでプロテインは、食事で不足している「タンパク質」などの栄養素を補うものなのです。

子供は必要な栄養素が足りていない

スポーツを頻繁にする子供はそうでないのに比べて、多くのエネルギーを消費しています。

そのエネルギーを補うには、適度なボリュームと栄養バランスが両立された食事を毎日とる必要があります。

ただ、お子さんによっては小食だったり偏食だったりすることもあるので、なかなか思い通りに必要なエネルギーや栄養を取れていないケースが多いです。

そうなると子供は栄養不足となり、

  • 睡眠の質の悪化
  • 運動能力の低下
  • 集中力・記憶力の低下
  • 成長ホルモンの分泌の悪化

上記のような弊害が出てきます。

特にスポーツをするお子さんにとって栄養不足の弊害は、ケガのリスクを高めるので気を付けたいところです。

上記のようにどんなに気を配っても不足してしまう栄養を手軽に摂取できるのが「プロテイン」!

プロテインを飲めば、子供が不足しがちな

  • タンパク質
  • ビタミン類
  • ミネラル

これらの成長に欠かせない栄養素を取ることができます。

必須栄養素が1つ欠けるだけで、合成がうまくいかず他の栄養素が無駄になってしまいます。だからこそ、栄養バランスが大事なのです!

ココがポイント

子供は小食や偏食により成長に欠かせない栄養素が不足しがちです。

子供用のプロテインなら、不足しがちな栄養素を補ってくれる。

失敗しない小・中学生用プロテインの選び方

プロテイン選びで失敗しないためには、「プロテインの種類」について知っておく必要があります。

理由は種類によって特徴が違うため、子供に合ったプロテインを選ぶべきだからです。

プロテインには以下の3種類があります。

  • ホエイプロテイン
  • カゼインプロテイン
  • ソイプロテイン

それぞれの特徴を解説していきます。

ホエイプロテイン

ホエイプロテインは動物性タンパク質で、原材料は牛乳です。

ヨーグルトの上澄みにできる液体がホエイ(乳清)で、タンパク質の他にミネラルビタミンが含まれます。

また、体内への吸収速度が早く胃腸への負担が少ないというメリットがあります。

タンパク質が枯渇している練習直後に飲むことで、素早い栄養の補給ができ丈夫な体を作りやすくなるのです。

カゼインプロテイン

カゼインプロテインも牛乳を原料とした動物性タンパク質です。

ホエイプロテインとの違いは、体内への吸収速度が遅く満腹感が持続すること。

練習前に飲むことで、途中で空腹になり集中力が低下するのを防げます。

また、食後に飲むと満足感が持続することで間食がなくなり、次の食事でしっかり量を食べれます。

小食の原因として、間食のおやつが該当する場合は、カゼインプロテインが効果的です。

おやつ→プロテインに置き換わるだけで、摂取できる栄養の差は大きいですよね!

ソイプロテイン

ソイプロテインの原料は大豆で植物性タンパク質です。

カゼインプロテインと同様に吸収速度がゆっくりで、腹持ちが良いのが特徴です。

またソイプロテインに含まれる「大豆イソフラボン」は、皮膚や骨の強化の効果があります。

なので、成長期のお子さんとの相性がいいです。

まとめ

ホエイプロテイン:吸収が早い。丈夫な体を作る。
カゼインプロテイン:吸収が遅い。丈夫な体を作る。
ソイプロテイン:吸収が遅い。成長をサポート。
迷ったらソイプロテインがオススメです。成長期の子供との相性がいいですからね。

小・中学生におすすめな野球用プロテイン3選

ここまでに解説した野球用プロテインの選び方をもとにオススメ3選を紹介していきます。

野球用プロテインのおすすめ3選は以下のとおり。

  1. ノビエース
  2. アスミールSPORTS
  3. ザバス(SAVAS) ジュニアプロテイン

それぞれ紹介していきます。

➀ノビエース

まず紹介するのが、子供の成長に必要な栄養素が全て揃っている「ノビエース」。

1日に必要なタンパク質、ビタミン、ミネラル、カルシウムの半分以上を1杯で取ることができます。

小食や偏食による栄養バランスの崩れを補うことができるのです。

また、タンパク質は植物性なので、伸び盛りのお子さんにピッタリ!

子供の成長に必要な栄養が食事だけで取れているか心配という方は、ぜひ試してみてくださいね。

1杯あたり約170円(定期購入の場合)以下とコスパが良いのも嬉しいポイントです!

※公式サイトで購入すると初回は66%OFFで、2回目以降も最大35%OFFで利用できます。

ノビエースの公式サイトはこちら


参考>>ノビエースの詳しい特徴や利用者の評判はこちら

➁アスミールSPORTS

アスミールはスポーツ中に飲むのに適したドリンク。

吸水速度が早いタンパク質「EAA(必須アミノ酸)」や疲労回復に効く「クエン酸」が入っています。

上記により、運動中のパフォーマンスの向上や、運動により失われる栄養を補充することできるのです。

その他にも、成長を促進させる「アルギニン」やビタミン、ミネラルも摂取できます。

もっと運動中のパフォーマンスを上げたいお子さんにイチオシのプロテインドリンクです。

アスミールも公式サイトからの購入がお得ですよ!

アスミールSPORTSの公式サイトはこちら


参考>>アスミールスポーツの詳しい特徴や利用者の評判はこちら

➂ザバス(SAVAS) ジュニアプロテイン

メジャーリーガー大谷翔平選手が愛用しているプロテインメーカー「ザバス」。

こちらのジュニア用プロテインは1杯で1日に必要なカルシウム、鉄分、ビタミン各種の半分が取れます。

タンパク質はホエイの動物性で吸収速度が早く、練習後やトレーニング後に最適です。

味は人気の「ココア味」と「シャインマスカット味」もあるので、好きな方を選べます。

1杯あたり約70円とコスパが非常に高いのも魅力的なプロテインです。


参考>>ザバスジュニアプロテインの詳しい特徴や利用者の評判はこちら

野球用オススメなプロテインまとめ

野球部員にオススメなプロテインは以下の3つでした。

  1. ノビエース
  2. アスミールSPORTS
  3. ザバス(SAVAS) ジュニアプロテイン

どのプロテインにするかで迷ったら、ノビエースがオススメです。

プロテインに含まれる栄養素の豊富さとバランスは、他を圧倒しています。

特に野球をする上で、身長の高さや体格の良さは大きなアドンバンテージとなります。

伸び盛りが故にたくさんの栄養が必要な今だからこそ、バランスよく栄養を取れるプロテインを試してみてください!

※小・中学生のお子さんのプロテイン選びで迷ったら「ノビエース」!成長に欠かせない栄養をバランスよく取れます!

ノビエースの公式サイトはこちら

Amazonでの購入を検討している方へ!

Amazonには月額500円で様々なサービスを利用できる「Amazonプライム」があります。

Amazonプライムには、ご存知の「プライムビデオ」や「配送料・お急ぎ便の無料」以外にもお得なサービスがあります。

野球道具を買うにあたり絶対に活用したいサービスの情報」や「裏技」も紹介しているので参考にしてみてください!

まだ登録をしたことがない方は30日間の無料体験を利用できますよ!

あわせて読みたい

Amazonプライム メリット
【無料体験あり】Amazonプライムのメリット5選+10【裏技も大公開】

続きを見る


>>【無料体験あり】Amazonプライムのメリット5選+10【裏技も大公開】

-野球ギア(アクセサリー)

© 野球道具.com