ウィルソン グローブ

【高評価】ウィルソンのグローブの特徴やサイズ・評判【独自の技術"デュアル"が凄い!】

ウィルソン グローブ 評判
・「ウィルソンのグローブ」の評判や特徴を知りたい。
・「利用者」や「経験者」の感想を聞いて、自分に合っているのかを知りたい。

このようなお悩みを解決します。

アメリカ発のスポーツメーカー「ウィルソン(Wilson)」。

テニスの錦織圭選手がウィルソンのラケットを使っていることから、野球以外のスポーツ用品のイメージが強い方もいらっしゃるかもしれません。

ですが、ウィルソンのグローブは高品質かつ幅広いラインナップを揃えたオススメの野球メーカーなんです。

ということで今回は、「ウィルソンのグローブの特徴や評判」を詳しく紹介していきます。

ウィルソンのグローブってどんな感じなんだろう?という方は、オススメのメーカーなので参考にしてくださいね。

本記事の内容

  • ウィルソンのグローブの特徴
  • ウィルソンのグローブのシリーズ
  • ウィルソンのグローブのサイズ
  • ウィルソンのグローブの評判
  • ウィルソンはどんな人に向いているのか?

この記事を書いた人

小学4年~大学4年までの13年間、本気で野球に打ち込んできた元野球少年。これから野球を始める方が、「最高のパートナー(野球道具)」に出会えるように、どこよりも詳してくリアルな野球道具に関する情報を発信していきます。

ウィルソンのグローブの特徴について

ウィルソンのグローブの特徴は以下のとおり。

  • 日本製(上位モデルのみ)
  • 独自の技術が詰まっている
  • 幅広いラインナップから選べる 
  • 使用している選手が少ない

ウィルソンのグローブは全5種類のうち上位グレード3種類が日本製となります。

もとはアメリカのメーカーですが、日本のグローブ作成技術の高さからメジャーリーガーからも日本製グローブが愛用されています。

なので上位モデルに関しては、既製品でもかなり高品質なグラブを購入することが可能です。

また、ウィルソンのグローブにはデュアル構造という強い打球に負けないグラブ設計が取り入れられています。

より確実な守備を目指すプレーヤーに心強いのがウィルソンのグローブという訳です。

デュアル構造については後ほど詳しく説明しますね。

加えて、ウィルソンのグローブは種類が多く、幅広い価格帯から選ぶことができます。

野球の初心者~上級者まで自分に合うグローブが見つかる可能性が高いのは、嬉しいポイントですね。

唯一のデメリットをあげると、ウィルソンのグローブを使っている人(アマチュアからプロ野球選手まで)が少ないこと。
憧れの選手が使っているメーカーを使いたい方は多いでしょうし、情報が少ないという点からもやや選びにくいメーカーだと言えますね。

ウィルソンのグローブのサイズについて

シックスのグローブのサイズは、「ジュニア(少年野球用」)と「一般(中学生以上)」の2種類あります。

グローブを選ぶ際にサイズ感はかなり重要なので、購入を検討している方はしっかり確認しておきましょう。

まずはジュニア(少年野球)のサイズから紹介していきます。

表示サイズ3J4J5J
センチ(cm)27.0cm27.5cm28.0cm

次に一般(中学~社会人)のサイズです。

表示サイズサイズ5サイズ6サイズ7サイズ8サイズ9~12
cm(センチメートル)28.028.5cm29.0cm29.5cm30.0cm~

注意

上記のサイズ表ははあくまで目安です。必ず実店舗でグローブのサイズ感を確かめてから購入するようにしましょう。

ウィルソンのグローブの種類(シリーズ)について

ウィルソングローブの種類(シリーズ)は以下の5つ。

シリーズ価格(相場)硬式用軟式用少年用
➀Wilson Staff DUAL (ウイルソンスタッフ デュアル)55,000円(硬式用)
32,000円(軟式用)
×
➁Wilson Staff(ウイルソンスタッフ)52,000円(硬式用)
32,000円(軟式用)
×
➂The Wannabe Hero(ワナビーヒーロー)28,000円××
➃BASIC LAB (ベーシックラボ)25,000円××
➄EZC(イージーキャッチ)13,800円×

それぞれ簡単に紹介していきます。

➀Wilson Staff DUAL (ウイルソンスタッフ デュアル)

ウィルソンのグローブの最上級グレードにあたるのが、こちらの「ウィルソンスタッフデュアルシリーズ」。

こちらのシリーズは、硬式と軟式用のどちらも扱っています。

実はこちらのシリーズは2016年から始まった新しいシリーズで、メジャーリーガーから人気のデュアル構造を取り入れたものです。

デュアル構造とは、以下の写真のようにグラブ指部分の背面に2本の線が入っていること。(通常は1本)

ウィルソン デュアル はみだし

引用:ウィルソン公式サイト

ウィルソン デュアル 形状

引用:ウィルソン公式サイト

これによりグローブが全体的にラウンド形状(球状)になり、打球に負けない指先の強さと素手で掴むような自然な捕球が可能になる。

メジャーリーガーの間では20年も前から導入されていたデュアル構造を、日本人に合うように作成したのがこちらのシリーズ。

もっと球際のプレーに強くなりたいという方は必見のシリーズです!

➁Wilson Staff(ウイルソンスタッフ)

ウィルソンスタッフはウィルソンのグローブを代表する人気なシリーズ。

硬式と軟式用のそれぞれを扱っているシリーズとなります。

こちらのシリーズは以下のようなウィルソンのグローブへのこだわりが詰まっています。

これまで、同一シリーズのグラブは、ポジションにかかわらず同じ素材を使用し作製することが当たり前であった。

しかし、 “投げる”ためのピッチャー用グラブと“捕る”ためのキャッチャーミットでは、グラブに要求されるものがまる で違う。労を惜しまず極限まで追求していけば、型はもちろん素材にいたるまで、それぞれのポジションに適したこだわりが必要となってくる。

引用:ウィルソン公式サイト

上記の言葉のとおり、ウィルソンスタッフのグローブは、各ポジションごとで使われている素材や設計が全く異なります。

そのため、ウィルソンスタッフのグローブは手にはめた瞬間のフィット感が違うと好評です。

しかも、日本人の職人により1つ1つ丁寧に作られているシリーズでもあります。

ぜひその品質の高さと他メーカーでは真似できないフィット感を味わってみてください。

➂The Wannabe Hero(ワナビーヒーロー)

ウィルソンスタッフデュアルシリーズの機能はそのままに、「メタリックスネークレザー」を採用したシリーズ。

こちらの革は上記の写真のように、珍しい「ヘビ柄」で、色は赤、青、黄の明るい3色から選べます。

機能性の高さと派手な色や柄が好きな方におすすめのシリーズです。

取り扱いは軟式用のみで、学生の公式戦では使えないのでご注意を!

➃BASIC LAB (ベーシックラボ)

ウィルソンの中級グレードシリーズで、軟式用グローブのみ取り扱っています。

こちらのシリーズで使われている「ベーシックレザー」にデュアル構造とかけ合わせることで型崩れがしにくいグローブを実現しています。

良い状態の高品質グローブを長く使いたい方にイチオシのシリーズとなります。

最上級「ウィルソンスタッフデュアル」よりも1万円近く安いこちらは、上級モデルは高すぎると感じる方にオススメです。

➄EZC(イージーキャッチ)

名前のとおり入門者でも簡単かつ確実に捕球できる安心感抜群のシリーズ。

一般軟式用と少年軟式用の2種類があります。

草野球や中学野球、少年野球を始める方の最初のグローブにピッタリなシリーズです。

ウィルソンのグローブの評判は?

それでは、ウィルソンのグローブの口コミ・評判を紹介します。

Twitterから利用者の声を集めてみました。

ウィルソンのグローブのイマイチな口コミ・評判

ウィルソンのグローブのイマイチな口コミ・評判は上記のとおり。

  • 価格は高い

ウィルソンのグローブは高めという意見がいくつか見受けられました。

硬式用は他メーカーと変わらないですが、特に軟式用は中級グレードでも2万円以上するので高めですね。

ただ、他メーカーにはない独自の技術や革質の良さがありますし、長持ちしやすくなっています。

何回も買い替える必要がないという意味では、むしろ安く済む可能性もありますね。

ウィルソンのグローブの良い口コミ・評判

ウィルソンのグローブの良い口コミ・評判は上記のとおり。

  • カラーが豊富
  • 革質がいい
  • デュアル構造なら土手でも指先でもキャッチできる!

これらの良い評判がありました。

やはり、デュアル構造に対する高評価の口コミが多く見受けられました。

土手から指先までどこでもしっかりキャッチできるという意見もあったので、さすがは守備率10割のグローブを目指すウィルソンです。

もし今使っているグローブがはじきやすいと感じているのであれば、ぜひウィルソンのグローブを試してみてください。

グローブの色も豊富なので、好みのものを選んでみましょう!

ウィルソンのグローブはこんな人におすすめ

ウィルソンのグローブの利用をおすすめできる人の特徴は以下のとおり。

  1. デュアル構造のグローブが気になる
  2. 今のグローブだと「はじく」などのミスが多い
  3. 好きな色のカッコいいグローブを使いたい

上記に当てはまる方に、ウィルソンのグローブをおすすめします。

ウィルソンのグローブの特徴やサイズ、評判まとめ

ウィルソンのグローブの特徴は以下のとおりでした。

  • 日本製(上位モデルのみ)
  • 独自の技術が詰まっている
  • 幅広いラインナップから選べる 
  • 使用している選手が少ない

ウィルソンはデュアル構造と言った守備でのミスを少なくするための独自の技術を持つグローブメーカー。

デュアル構造の他にも各ポジションに合わせて素材を変えたりとグローブへのこだわりが強いメーカー。

使ってみることでウィルソンの良さが分かるので、今使っているグローブが少しでも合わないと感じる方は試してみてください。

また、カラーバリエーションも豊富なので、おしゃれでカッコいいグローブが好きな方もぜひ検討してみてくださいね。

ウィルソンの他にも多くのグローブメーカーがある!

人気おすすめグローブメーカー15社の特徴を比較できる記事もあります。

ウィルソンの他に、どんなグローブメーカーがあるのか気になる方は、ぜひ読んでみてください!

あわせて読みたい

グローブ メーカー 人気 おすすめ
【特徴を比較】野球グローブのおすすめ人気メーカー15選【ポジション別ランキングも紹介】

続きを見る


>>【特徴を比較】野球グローブのおすすめ人気メーカー15選【ポジション別ランキングも紹介】

-ウィルソン, グローブ

© 野球道具.com